ワクワクメールとDine(ダイン)を5つの項目で比べてみた!

出会い系サイト・アプリのおすすめ
佐々木遥
佐々木遥

ワクワクメールとDine(ダイン)に会員登録し、ホントに出会ってみました!

スマホでかんたんに出会いを求めるならエッチな雰囲気も大切。

そこで注目の「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」。

これらのアプリが提供するライトなエッチな出会いの可能性にスポットを当ててみましょう。

日常の軽い刺激を求める人たちにとって、どちらがより楽しく軽やかなエッチな出会いを提供しているのか、気になるポイントを比較していきます。

この記事では、「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を5つの要素で比較。

出会いやすさ、料金、業者の少なさ、月間利用者数、そして検索機能の軽やかさを通して、どちらがライトでエッチな雰囲気を大切にした出会いを提供しているのかを詳しく解説。

軽い感じで楽しみながら、理想の出会いを見つけるポイントをお伝えします。

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を5つの項目で比較しました!

1.出会いやすさで比較 出会い系アプリにおいて、出会いやすいかどうかは重要なポイントです。
2.料金で比較 できるだけ安く出会えるアプリも気になるのではないでしょうか。料金に関わる項目をチェック。
3.業者の少なさで比較 業者が少ないほうが出会いを見つけやすいアプリだといえます
4.月間利用者数で比較

月間利用者数が多ければ、多いほど、お相手探しの場所を選ばずに済みます。出会いのチャンスもアップします。

5.検索機能の使いやすさで比較 検索条件が多く設定できれば、自分の求めるお相手を探しやすくなります。

1.「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を出会いやすさで比較!

ワクワクメール Dine(ダイン)
キャッシュバッカーが少ない。 キャッシュバッカーが少ない。
業者が圧倒的に少なく、男女ともに出会える可能性がとても高い。 メッセージ不要でデートの日程調整ができる
遊び目的で利用している女性が多く、ワンナイト狙いの男性も多い。 女性会員に一部大学生もいるが、男性会員と同じように社会人が多い。

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」は、新たな出会いを求める人たちにとって魅力的な選択肢です。

どちらもライトなエッチな雰囲気が漂い、気軽な出会いが期待できるアプリとなっています。

ワクワクメール – マッチングなしでメールできる

ワクワクメールは、マッチングしなくても、気になった相手とメールのやり取りができるので、出会いまでのステップが簡略化できそう。

トータルの会員数が、10,00万人以上というマンモス出会い系アプリなので、気に入った相手が見つからない、という心配はほぼないでしょう。

Dine(ダイン) – マッチングしたら、即デートのお約束

Dineでは、事前のメッセージのやり取りが必要ありません。

相手とマッチングしたら、すぐにデートが決まります。

Dineでは、デートの場所としてレストランなどのお店を予約してくれます。

このサービスにより、デートの場所を決める手間が省けます。

この機能のおかげで、相手と直接会ってコミュニケーションをとることができ、出会いのスピード感が非常に速いとされています。

2.「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を料金で比較!

ワクワクメール Dine(ダイン)
利用料金 メール1通約50円 6,500円/月
初回無料ポイント 約1,200円分 なし
プロフィール閲覧 無料 女性会員は、1日につき20人まで(有料になれば拡張)
年齢層 20〜50代 20〜40代

新しい恋愛を求めるなら、出会い系アプリの料金比較が大切です。

気軽な雰囲気で恋愛にアプローチする「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を、料金面からじっくり比べてみましょう。

ワクワクメールの料金プラン

機能 料金(ポイント)
メッセージの送信 50円(5P)
スマイルの送信 20円(2P)
画像の送信 20円(2P)
通話/15秒ごと 40円(4P)
メッセージ+画像の送信 50円(5P)
音声メッセージ 50円(5P)
募集掲示板の閲覧 10円(1P)
画像付き募集掲示板の閲覧 20円(2P)
募集掲示板への投稿する 50円(5P)
募集掲示板への投稿する 50円(5P)
鍵付き写真の閲覧 20円(2P)
動画の閲覧 30円(3P)
ひそひそメッセージ 20円(2P)
ボイスを聞く 50円(5P)

ワクワクメールはポイント制度を採用。

基本登録は無料で、ポイントを購入して様々なサービスを利用します。

  • 日記の投稿
  • プロフィールの閲覧
  • 掲示板への投稿

上記3つの機能は、ポイントを使わずに利用できるので、男性ならお得に出会えます。

Dine(ダイン)の料金プラン

[Gold]プラン [25歳以下]AppleID決済
(iphone)
[25歳以下]Google Play決済
(android)
[26歳以上]AppleID決済
(iphone)
[26歳以上]Google Play決済
(android)
1ヶ月 3,900円/月 3,900円/月 6,500円/月 6,500円/月
3か月 3,300円/月
(一括9,900円)
3,300円/月
(一括9,900円)
4,800円/月
(一括14,400円)
4,800円/月
(一括14,400円)
6か月 2,900円/月
(一括17,400円)
2,900円/月
(一括17,400円)
3,800円/月
(一括22,800円)
3,800円/月
(一括22,800円)
12か月 2,400円/月
(一括28,800円)
2,400円/月
(一括28,800円)
2,900円/月
(一括34,800円)
2,900円/月
(一括34,800円)

Dineでは無料会員は基本的にマッチング以外の機能は使えませんが、相手が有料会員の場合はメッセージ・日程調整・お店予約代行が使えるようになります。

Dineでは有料会員は男性が多く、女性は少ないため、女性の方は無料で使うことができます。

デートがしたい男性は有料会員になる必要があります。

Gold会員は、メッセージ機能などの基本的な機能に加えて、マッチ相手との自動調整、飲食店の代行予約ができるようになります。

機能 無料会員 有料会員
マッチング
プロフィール閲覧
リクエスト
メッセージ
日程調節
お店予約代行
コイン付与/30枚 ×

3.「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を業者の少なさで比較!

ワクワクメール Dine(ダイン)
業者と疑わしき人の割合が20%と平均より低かった 業者と疑われる人の割合はほぼなし。
10〜20代といった若い女性も多いですが、食事や金銭目的で登録している可能性。遊び目的で利用している女性の数が他のアプリと比べて多く、男性目線でも目的を達成できそう。 通報機能も厳重。通報1回目で運営からの警告、2回目で強制退会となる仕組みなので、ほぼ業者、サクラは見つかりません。

出会い系サービス「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を業者の少なさで比較してみましょう。

安心して利用するためには、業者の割合も重要なポイントです。

ワクワクメールの業者事情

ワクワクメールは安全な出会い系アプリとして知られていますが、業者の存在はゼロではありません。

業者とは、アプリ運営とは無関係な個人や団体で、金銭や個人情報を騙し取ることが目的です。

彼らは、早急に会おうと誘ったり、個人情報を無理に聞いてくるなどの特徴があります。

援交女性も

業者とは異なりますが、援交女性も一部存在しています。

彼女らは金銭を要求したり、大人の関係を示唆することがあります。

Dine(ダイン)の業者事情

Dine(ダイン)はデートマッチングを重視したアプリであり、サクラの存在はほぼ心配ありませんが、業者がいる可能性があります。

業者は、利用者を騙して金銭を巻き上げたり、特定のサービスへ誘導することが目的です。

また、肉体関係やパパ活が目的の利用者や、遊び目的の既婚者が混ざっている可能性もあります。

Dineでは、怪しい利用者や業者との接触を避けるために、ブロックや通報システムがあります。

怪しい行動を発見した場合は、ブロックや通報しておけば、問題なく新しい出会いに、出会えます、

4.「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を月間利用者数で比較!

ワクワクメール Dine(ダイン)
会員数 1,000万人以上 8万人以上
月間利用者数 月間利用者数が8万人と少なめだが、都市部であれば問題なし 毎月,1500人がマッチング。
年齢層 20〜50代 20〜50代

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」の出会い系サービスを、月間利用者数を中心に比較してみましょう。

どちらが自分に合った出会いを見つけやすいのか、詳しく見ていきましょう。

ワクワクメール」の月間利用者数は8万人!

「ワクワクメール」はその大規模なユーザーベースから、多くの異性と出会える可能性があります。

ワクワクメールは、多くのユーザーが利用する人気のマッチングサービスです。会員数はなんと1000万人を超えており、その数は日々増加しています。

この多彩な会員数が、利用者にとって幅広い選択肢と出会いの機会を提供しています。

ワクワクメールの会員構成は非常に多様で、さまざまな年齢層や趣味・関心ごとを持つ人々が集まっています。エッチ目的のコなら、いくらでも見つかるはずです。

若い世代から中高年の方々まで幅広く利用されており、それぞれのニーズに合った相手を見つけることができます。

「Dine(ダイン)」の月間利用者数は8万人!

一方で、「Dine(ダイン)」は8万人の月間利用者数。

数はワクワクメールに比べると少ないですが、都市部に集中しており、都会に住んでいるならば問題なく出会いが期待できるでしょう。

毎月15,000人がマッチング後、デートしています。(公式サイト調べ

『Dine(ダイン)』は男女の料金形態が同じ、かつレストランでの食事デートを目的としているマッチングアプリということもあり、10代~20代前半よりも20代後半~30代までの少し落ち着いた年齢層が多いアプリといえます。

5.「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を検索機能の使いやすさで比較!

ワクワクメール Dine(ダイン)
タイプのお相手を見つける検索項目が29個。 タイプのお相手を見つける検索項目が3個。
相手探しでフリーワード検索ができない。 「行きたいお店リスト検索」でデート予約できる。
Web版でないと日記の閲覧ができない。ただしWeb版なら日記の内容をフリーワード検索可能。 10人以上、プロフ検索するには有料会員が必須。

異なる出会いを求める人々の中で、「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」は人気のマッチングアプリです。

両者の検索機能に焦点を当て、使いやすさと独自の特長を比較してみましょう。

ワクワクメールの検索機能

検索条件の設定では、地域や年齢などの基本的な情報から、興味や興味の対象など細かな条件まで指定することができます。

ただし、条件を絞りすぎると、該当する相手が見つからない可能性があるため、適度な条件設定が求められます。

検索結果では、一口コメントや地域、つぶやき、顔写真などの情報が表示されます。

これらの情報を利用して、普通の女性かどうかを見極めましょう。

また、プロフィールを無料で閲覧できるため、積極的にプロフィールをチェックすることがポイントです。

Dine(ダイン)の検索機能

Dineには一般的なマッチングアプリで見るような検索画面がないかわりに、アプリが異性を自動でピックアップ表示してくれます。

Dineでは毎日、「TODAYS PICKS」という機能で、10人の異性が紹介されます。

この機能はランダムに選ばれた異性が表示され、相手のプロフィール写真と「行きたいお店」が順に表示されます。

ユーザーは好みの相手を見つけたら、お店を選んでデートに誘うことができます。

そしてスマート検索条件機能は、TODAYS PICKSで自分の好みに合った相手を表示させるための機能です。

ユーザーは、毎週100枚の写真を表示され、上下スワイプで自分の好みを判定します。

その情報を元に、アプリが自動でマッチング候補を選別し、次回のTODAYS PICKSに表示される相手を調整します。

「ワクワクメール」をおすすめの方はこんな人!

「ワクワクメール」は、気軽に異性との交流を楽しむことができるアプリです。

特に、新しい友達や素敵な出会いを求める方におすすめです。

積極的な交流やライトな雰囲気で楽しくコミュニケーションをとりたい方にピッタリのアプリと言えるでしょう。

新しい出会いを楽しみたい

新しい友人や恋人、または特別な関係を求める方にとって、ワクワクメールは多様な出会いの機会を提供します。

プロフィール検索や掲示板などを通じて、自分に合った相手を見つけることができます。

自由な関係を探している方

セフレやパパ活、さらにはお互いの関係を明確にした上での交流を望む方にとって、ワクワクメールは理想的なプラットフォームです。

多様な相手とコミュニケーションを取りながら、自分に合った関係を築くことができます。

コミュニケーションが得意

メールやチャットを通じたコミュニケーションを楽しむ方にとって、ワクワクメールは理想的な場所です。

相手とのやり取りを通じて、趣味や興味を共有したり、お互いの関係を深めることができます。

積極的に出会いを求める

積極的に新しい出会いを求め、コミュニケーションを楽しむ方にとって、ワクワクメールは最適な選択肢の一つです。

豊富な会員数や多彩な機能を活用して、自分にぴったりの相手を見つけることができます。

安心して利用したい

ワクワクメールは、安全性にも配慮したサービスです。

運営会社の信頼性やセキュリティ対策がしっかりしているため、安心して利用することができます。

業者や不正な利用者を排除し、安全な出会いの場を提供しています。

ワクワクメールは、さまざまなニーズに対応した出会いの場として、多くの方に利用されています。

自分に合った相手や関係を見つけるために、ぜひ活用してみてください。

\会員登録無料!さがそう、新しい恋/

ワクワクメールの公式サイトはこちら

「Dine(ダイン)」がおすすめの方はこんな人!

新たな出会いや冒険心を求める方にこそ、「Dine(ダイン)」がピッタリのマッチングアプリと言えます。

ライトなエッチぽさと軽い感じが特に魅力的で、気軽に異性との交流を楽しむことができるアプリです。

1. 出会いの手間を省きたい人

Dineは少ないメッセージのやり取りで直接会うことができるため、出会いの手間を最小限に抑えたい人におすすめです。面倒なやりとりをせずに、直感的に相手と出会いたい方にぴったりです。

2. 本気で婚活を進めたい人

Dineのユーザーは真剣な出会いを求める意識が高く、婚活を進めたい方に適しています。詳細なプロフィール設定により、相手との予定が頻繁に埋まる特徴があります。真剣な交際を望む方にとって、Dineは有効なツールとなるでしょう。

3. メッセージのやり取りに飽きた人

Dineでは直接会うことを重視しており、メッセージのやり取りが苦手な方にとって理想的なアプリです。当日会いたい、またはビデオデートを希望するユーザーも多く、スムーズな出会いを望む方に最適です。

4. 異性の飲み仲間を探している人

Dineのユーザーは婚活目的だけでなく、飲み仲間を探している人もいます。プロフィールに明記することで同じ目的を持つユーザーと出会いやすくなります。また、即日で飲みに行ける相手を探す際もDineが役立ちます。

Dine(ダイン)の公式サイトはこちら

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」の比較|まとめ

出会い系アプリ「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を徹底比較してみました。

どちらも異なる特徴を持ち、ユーザーにとって魅力的な要素が詰まっています。

1. 利用者数の差異

ワクワクメール

ワクワクメールの会員数は1000万人を超えています。この数字は大変大きく、多くの異性と出会いの機会を持つことができるという点で、利用者にとって魅力的な要素の一つです。

真剣な恋愛を求めている方や、結婚相手を探している方が利用しています。

ワクワクメールでは、プロフィール検索や掲示板などを通じて、相性の良さそうな異性と出会うことができます。

Dine(ダイン)

Dine(ダイン)の月間利用者数は8万人です。

特に都市部では利用者が集中しており、出会いの機会も多いでしょう。

毎月15,000人がマッチング後に実際にデートをしているという統計もあり、活発なコミュニティが形成されていることがわかります。

Dineは他のアプリと比べて割高な料金設定であり、レストランでの食事デートを重視しているため、20代後半から30代の年齢層がメイン会員です。

2. 検索機能の違い

ワクワクメール

  1. 条件指定検索: ユーザーは自分の好みや条件に合った相手を見つけるために、様々な条件を指定して検索することができます。例えば、地域や年齢、趣味、職業などの条件で絞り込んで検索することが可能です。
  2. キーワード検索: ユーザーはキーワードを入力して検索することができます。興味のあるテーマや特定のキーワードを入力することで、関連するプロフィールや掲示板を検索することができます。

Dine(ダイン)

Dine(ダイン)は、他のマッチングアプリにあるような検索画面がなく、代わりにアプリが自動で異性をピックアップ表示してくれます。

  1. TODAYS PICKS: 1日にランダムに10人の異性が表示。各ユーザーのプロフィール写真と「行きたいお店」が表示され、好みの相手の画面でお店を選んでデートに誘うことができます。
  2. スマート検索条件機能:TODAYS PICKSで自分の好みに合った相手を表示させるための機能です。ユーザーは、毎週100枚の写真を表示され、上下スワイプで自分の好みを判定します。その情報を元に、アプリが自動でマッチング候補を選別し、次回のTODAYS PICKSに表示される相手を調整します。

3. ユーザーニーズの違い

ワクワクメール

  1. 出会いを求める: 異性との出会いを求める独身者や既婚者、恋人募集中の方などが利用しています。真剣な交際からカジュアルな出会いまで、様々な出会いの形を探している方々がいます。
  2. セフレを希望: セフレ(セックスフレンド)を探している方も多く、割り切った関係や一時的な出会いを求める方々もユーザーターゲットです。
  3. パパ活: 若い女性や経済的に余裕のある男性が、お互いの利益を考えた関係を求めて利用しています。特に、パパ活を希望する女性が多い傾向があります。
  4. 時間を持て余している方: 暇を持て余している方やストレス解消のために、気軽に異性とのやり取りを楽しみたい方もいます。特に、オンライン上で気軽に交流できるツールとして利用されています。

Dine(ダイン)

  1. 即時デート: Dineの利用者は、メッセージのやり取りよりも直接会うことを好む傾向があります。そのため、メッセージのやり取りを短く済ませ、早めに実際のデートをセッティングすることができる機能が重視されています。
  2. 質の高いデート: Dineでは、選ばれた高品質なレストランを提案することで、デートの品質向上を図っています。ユーザーはお互いの好みや興味を考慮し、品質の高いデートを楽しむことができます。
  3. 共通の興味や趣味を持つ相手を見つけたい: ユーザーは自分と共通の趣味や興味を持つ相手と出会いたいと考えており、そのような相手を見つける機能に価値を見出しています。
  4. 真剣な交際を望む: Dineのユーザーの中には、真剣な交際や将来のパートナーを見つけたいと考える人もいます。そのため、お互いの真剣度や将来のビジョンについて話し合える相手を探すことが重要視されています。

\会員登録無料!さがそう、新しい恋/

この記事を書いた人
佐々木遙

美容インフルエンサーとして医療整形・美容クリニックなどのガイドを担当。TCB東京中央美容外科・湘南美容外科など100以上のサロンやクリニックを比較検証。加えて、美容整形医など専門的な知識をもつ医師への取材を重ねることで、コンテンツ制作に活かしています。
自らも美容クリニックや脱毛サロンに通ったりと、美容クリニック担当のガイドとして最新の美容トレンドと信頼できる情報の発信を心がけています。

佐々木遙をフォローする
出会い系サイト・アプリのおすすめ
【2024年最新】出会い系サイト・アプリおすすめ10選